So-net無料ブログ作成
検索選択

クレアの手術 [甜ちゃんとくーちゃん]

5月の下旬
クレアが下半身のどこかを痛がる。

脚やおなかを触って痛いところを見るけれど
どこが痛いのかさっぱりわからずでした。

最近、甜ちゃんもクレアも体重が増え続け
クレアは5キロをオーバーし6キロ近くになっていました。

ここのところ今までのような元気も無いし
鼻の頭もカラカラに乾いているし
様子がおかしいので病院へ行くことに。

加齢の(今年9歳)ためとかヘルニアになっちゃったかな・・・と思いながら
病院へ行きました。

結果・・・ヘルニアではないみたいだったのですが・・・

とりあえず血液検査と注射をして(何の注射かは失念)薬を飲んで様子を見ることに。


診察後、先生に「そういえば小さなおできが出来ています」
と、軽~い気持ちで言いました。

1年くらい前に目の縁に脂肪腫が出来たので
また、それかな・・・位の気持ちだったのですが

胸を探り、おできを見つけた時
先生の顔が少し厳しくなって。

診察室から先生が出て行くと看護師さんにそっと
「また脂肪腫ですよね・・・前にも出来たし」と言うと
看護師さんは少し難しそうな顔をして首を傾げました。

その顔を見たとたん言いようも無い不安が押し寄せて来ました。

先生が戻り、おできの大きさを計ります。
2つあって両方とも1㎝にも満たない小さなおできです。

先生がいいました。
「乳腺腫です、手術をして取った方がいいですね」

お気楽な気持ちでいたのに。

乳腺腫は取って検査をしないと悪性か良性かわからないとのこと。
その確立は50%。

悪性(癌)ならその後内科的治療を行う・・・など説明を受けました。



薬を飲むため薬を飲み終わって10日くらい経ってからの手術が良いでしょうと
言われ手術の見積書を貰い帰宅しました。


そして手術日を6月23日と決めお願いすることになりました。
合わせて避妊手術もお願いすることに。

避妊手術は麻酔が怖い、怖いと逃げ続けていましたが
今回は怖いなどと言ってられないし
先生にもその事を話すと
「決して侮ってはいないけれどそんなに怖いものじゃないよ」と
仰るのでその言葉を信じるしかありません。

6月23日
私は仕事へ。
わざと自分が仕事が在る日にお願いしました。
仕事でもしていないと
多分不安で不安で仕方ないから。

クレアは主人が病院へ連れていきました。

再度診察すると腫瘍の数が増えており
局所摘出から乳腺片側全摘出に変更なったと連絡がありました。

午後5時過ぎ、
病院から手術は無事に終わり麻酔からも覚めていると連絡がありました。

診察時間内ならいつでも面会に来て良いと言われ
土曜日だったので月曜日まで面会はお預けとなりました。


6月25日月曜日、仕事が終わってから5時過ぎに病院へ。
受付で話していると
クレアの叫び声が聞こえて来ます。

「おかあさん、おかあさん」って叫んでいます。

診察室に通されクレアと面会。
嬉しい、嬉しいと飛びついて来ました。


はしゃぐクレアを抱きながら
手術の説明。
まずは写真から。

おなかにメスが入ったところ、切りとった乳腺、子宮。

「ダメだったらやめます」と言われましたが
「大丈夫です」と答えると

切り取った乳腺と子宮を見せられました。
「この子の子宮はおかしいんだよ」と先生。
「こんなに大きくなっていって・・・いい?ハサミで切るよ」
と子宮にはさみをいれると
中から白く濁った液体が出てきました。

子宮内膜症。

これこそ知らずにいたら命取りになっていたかもしれません。


翌日退院。
聞くところによると私が帰ったあと
ずっと泣き続け熱が出てしまったとの事。

腹膜炎を起こすと困るので
様子がおかしかったらすぐに連れて来るよう言われ
帰宅しました。

10日後抜糸。

猫達を追いかけ、おもちゃを甜ちゃんから奪い取り一人占めし
良く食べ、良く眠りすっかり元のクレアに戻りました。


今回の手術代(参考までに) 
乳腺片側全摘出 体重5キロ

血液検査           5250
血液検査(凝固検査)     525
レントゲン検査        4200
静脈留置           1260
静脈点滴処置        6300
静脈点滴注射 1890×5  9450
皮下注射処置 1890×3  5670
内服処置           1765
内服処置           1214
鎮静・吸入麻酔        7350
呼吸モニター         1575
手術料            36750
避妊手術           21000
入院料  3150×3      9450
カラー              1050
内用薬   158×2       316

            計  113,440
依頼検査           10500
          総合計 123,940


おかげさまで依頼検査の結果腫瘍は良性でした。

今、現在2匹ともダイエットのも成功し
4キロ代になりました。


家人は言います。
犬達のダイエット成功したのにお母さんのダイエットは何故成功しない?
知るかっ!私が一番知りたい!





nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:ペット

nice! 2

コメント 4

もも

ああ、良かった。。。ドキドキしながら読んじゃった。
良性で良かったね。
待ってる間、きっとmayumiさん、痩せる思いだったでしょ(^凹^)
by もも (2012-07-18 00:56) 

mayumi

>ももさん

いつもありがとう♪

脇の下から尿道口まで40数針の跡が痛々しかったけれどその傷も綺麗になりつつあります。

結果的に今回は乳腺腫瘍より
子宮内膜症の方が怖かったですね。
小さなおできに気がついてくれた主人に感謝です。

それにしても犬の鼻は健康のバロメーターって本当なんだと思いました。


by mayumi (2012-07-18 10:51) 

cinnamon

mayumiさんお久しぶりです。
くーちゃん無事手術も終わって、結果も良性でよかったですね。今ではちゃんと家族の一員となって馴染んで暮らしているようですね。我が家のレオも家族として馴染んでくれているように思います。
でも時々おどおどした表情だったり、寂しそうな表情をするので、まだ遠慮してるのかなとも思ったり…
我が家のワンコも何かしら不調があって病院のお世話になるお年頃。早期発見が大事だなと
痛感してるこの頃です。
by cinnamon (2012-08-02 21:29) 

mayumi

> cinnamon さん

こんばんは~♪
すっかりご無沙汰しています(汗
コメントありがとうございます。

わんこそれぞれいろんな性格があるから
レオ君は cinnamon 家の一員として馴染んでいるはずですよ。

早期発見大事ですよね。
今回は隠れた病気まで見つかって良かったです。

今では甜ちゃんもクレアもすっかり身軽になって
甜ちゃんなんて高い所に登ってまるで猫みたいです。
そうそう、クレアは登れなかったソファに軽々登れるようになりました。

ダイエット大成功ですが、自分のダイエットが・・・(泣


by mayumi (2012-08-11 22:36) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。