So-net無料ブログ作成
検索選択

まあちゃん

数日前に知った出来事。

もう、2か月も前の事だった。
元JJS林正明さんが亡くなっていたこと。

遠い遠い青春の(ふるっ!)思い出。

中学2年生の夏休みテレビで見た郷ひろみに一瞬で心奪われた。
「ひろみ」「ひろみ」と毎日、毎日友達と騒いでいったけな。

ほどなくしてひろみ君の後ろで踊っているジャニーズジュニアに目が行き
中でもまあちゃんこと林正明君の大ファンになった。

当時「ジュニア」と呼ばれていた彼らは9人いて
友人同士でもそれぞれお気に入りがいた。
放課後、教室の後ろでカセットテープを聞きながらみんなでよく
ジュニアの踊りを踊ってた。

中学3年当時の同窓会に行くと今でも必ず男子たちに
「いつも郷ひろみ踊っていた」と言われるくらい踊ってた。
郷ひろみじゃなくてジュニアなんだけどね。


まあちゃんとの思いでと言うと
ある2つの出来事がある。


まあちゃんに本当に申し訳ないことをしてしまったことが一つ。

中3の冬休みの1月2日。
友人とあてもないのにただ〇〇市×××区に住んでいるという情報のみで
まあちゃんの実家を訪ねようと無謀な計画をし実行した。
駅で乗ったタクシードライバーさんの娘さんがまあちゃんの同級生という奇跡。
ドライバーさんはわざわざ娘さんに連絡を取り(当時、携帯電話なんか無かったのに)
実家がすんなりとわかってしまった。
実家に到着するとまあちゃんのお父様とお会いできて
近くの親戚の家に遊びに行っているまあちゃんをわざわざ呼んできてくださったという奇跡。
少し不機嫌な顔して私たちの前に立っているまあちゃん(当たり前)
話すすべもなくただ、ただ「まあちゃん、怒ってる」と
心の中で呟いている私。(当たり前だよ、当時の私!)

家に上がりなさいとおっしゃって下さったまあちゃんのお父様(びっくり)
さすがにそこまでは当時の私達でも申し訳なく遠慮した。

「では、サインしてあげなさい」とまあちゃんに言ってくれたお父様。

まあちゃんのお父様ありがとうございました。
そしてまあちゃん本当にごめんなさい。


高校に進学した私は
当時のテレビ局のプロデューサーと懇意にしているというご両親を
持つ子と仲良くなった。

「夜のヒットスタジオ」の見学に連れて行って貰った。
リハーサル現場に入れてもらったがジュニアの姿が見えない!
いない!いない!なんでジュニアいないの?
するとプロデューサーの方が「郷ひろみに聞いてみれば?」と言って
ピエロの格好をしたひろみ君のそばに連れて行ってくれた。
「ひろみ君」
「うん?なあに?」
「あのね、ジュニアは?」
「う~ん、ジュニア?ジュニア帰ってしまったかな?」と
頭をかきながら答えた。
意気消沈する私たち。

しばらくすると、楽屋に行ってみようかとプロデューサーの方がおっしゃって
「夜のヒットスタジオ」の楽屋に入れて貰った。

いた!いた!ジュニアがいた!
まあちゃんもいた!

まあちゃんに「質問ノート」を渡した。
(当時、質問ノートと言うのがあってジュニアに渡すと答えを書いてくれたのです)
ノートの「返事をすぐ書いてください」とお願いするとすぐに書いてくれました。
友達に頼まれていたほかのジュニアにもノートを渡して返事を貰った。
それから一緒に写真を撮って貰ったけど
写真でもわかるくらい私の顔は真っ赤だ(笑)
そして肩にすっごく力が入っているのもわかる(笑)
もちろん楽屋に長居できるもなく楽屋から出た。
プロデューサーの方に写真だけ撮ってもらったけど
出来上がった写真の中には
まあちゃんに差し入れたミニシュークリームを頬張っているひろみ君の写真があった。
(プロフィールに好物ミニシュークリームとあったので)

当時、(って今もか…)
ジャニーズの人気は絶大で
高校の文化祭の出し物に郷ひろみとジャニーズジュニアの
「花とみつばち」を歌い踊り大喝采を浴びた。

私の青春(ふるっ!)の1ページ。
大好きだったまあちゃん。

どうぞ安らかにお眠りください。

心にぽっかりと穴が空いてしまいました。


だけど、ダンナもまあちゃんも今のこの時代、逝くのには本当に早過ぎるよ。

まあちゃん.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。