So-net無料ブログ作成
検索選択

今日で1ヵ月 [はなこ]

はなこがいなくなって今日で1ヵ月。

長くも短くも感じた1ヵ月でした。

カレンダーに貼ってあるフィラリアの薬を飲む日のシール
11月で最後です。

この先、はなこの為にこのシールを貼ることは2度とありません。

「どうしてはなこは居ないの?」って胸が痛くなる時もあるけれど
もう泣きません。

いつか何処かではなこの生まれ変わりと再会出来る日を楽しみにしています。
はなこの生まれ変わりだ・・・と思ったら家族に迎え入れます。
犬じゃないかもしれないけれど。


ピンクのキンギョソウがはなこの可愛らしさを現しているようで飾ってあります。


今日お友達から届いたお花。


ありがとう、はなこ。
あなたのことは忘れない。

長女と


躾け  [はなこ]

時間薬が少しづつ効き始めた今日この頃です。
またはなこのお話をひとつ。

はなこに対してかなり厳しく接して来ました。


「バカ犬」とか「アホ犬」なんて言われる犬は大体飼い主がそうさせちゃうだけであって
本来、バカ犬もアホ犬もいないと思っています。

特に2歳児の居たうちははなこにかなり厳しく接しました。
万が一怪我でもさせてしまったらお互いが不幸になるし。

犬は家族の中で順位を付けますが
2歳児より自分の方が上だなんて思う事があったら
将来はなこにとって不幸だと思いました。

天真爛漫なはなこだったけれど
食べ物に関しては凄い執着心がありました。

食事の入った器に手をかけるだけで噛む真似。
万が一子供が手を掛けて噛んでしまったら大変な事になってしまいます。

そこではなこの食事の時は必ず食器に手を入れ
噛む真似をしたら叱る。

誰もはなこのごはんを取らない事をわからせるために。

子供が何処を触っても嫌がらないようにどこを触っても
噛む真似でも絶対に許しませんでした。
一度ダンナを噛んではなこは凄く叱られた事があります。
あの事件以後の事です。

はなこは食器に触っても噛む真似をしなくなりました。

ガツガツ食べる事は変わらないままだったけれど。

「よし」の合図まで食事には手をつけません。
ここ最近耳が遠くなって「よし」の合図が聞こえない事もあり、
ずっと待ちぼうけ。
こちらはとっくに食べていると思っているから気が付かない。

「きゅん、きゅん」って暫くすると鳴きだすんだよな。

用事をしていて「よし」言うの忘れちゃう事もあったけれど・・・。


2歳児が成長して小学校一年生。
いい関係が築き上がって行った。

数年前1回目の単身赴任が終わって
ダンナとはなこの散歩が復活した時にダンナがびっくりしていた事がありました。

「どこでもはなちゃんって声掛けられるんだけど・・・」
「知らないおじさん、おばさん、小学生にまでだよ、なんで?」
「ずっと向こうの方でも声を掛けられたんだよ」

「なんで、あの人はわざわざはなこに会いに来るの?」

はなこは人間大好き犬だからだよ。
でも、犬は苦手なんだけどね。

最近は耳が遠くなって声だけではわからない時がかなりあって
手で一緒に合図していたな。

犬っていつでも飼い主の顔を見て命令を待っているから
手と声を掛けてあげればわかるんだよね。

よその人に後ろから「はなちゃん」って声を掛けられても
わからない時があって
「はなこ、こんにちはだって・・・」って言うと
「えーーーーっ、おしっこなのに」なんて顔しながら
声を掛けてくれる人に必ず挨拶に行ったよ。

長女が言った。
例えこれから全くはなこと同じ性格の子に出会っても
はなこのような犬にはならないと思う。
それは子供と一緒に成長して来たから。
みんな大人になっちゃったもんね。


なまえ [はなこ]

はなこの思い出話を一つ聞いて下さい。

私は犬が苦手だ・・・今も昔も。
嫌いって意味じゃない、可愛いって思うけれど苦手。

その原因はあの瞳にある。
真っ直ぐ飼い主を見つめる瞳。

あの目を見たら絶対に裏切れない・・・と思う。
昔からその瞳を裏切れない事がわかっていた。

犬の思いに応えてあげられない時はどうしたらいいの?
絶対裏切る事の出来ないあの目をみたら・・・。


だから犬は苦手。

 

 

はなこがうちに来る数日前からダンナが
「犬、飼っていい?」と聞く回数が多くなった。

「ダメ」
「イヤ」と即答する私。

「コーギーって犬なんだけど貰ってくれる人探しているんだって」
「コーギー?知らない、ダメ、イヤ」

そう言えばどこからか
コーギーの姿が写っているものを探してきて私に見せる。

「いやだよ、犬はいらない、飼えないでしょ?」

当時、賃貸マンションの3階に住んでいた。
もちろん「ペット不可」

不可だけどココはいた。

猫と犬では違うでしょ?まず散歩どうするの?

 

そんなある日の日曜日。

朝起きるとダンナがいない。

おかしいなあ・・・何処に行っちゃったんだろう?
車はない。

お昼になっても帰って来ない。
電話も掛かって来ない。


当時、携帯電話などなかったからこちらから連絡の仕様もなかった。

日が暮れる頃、ダンナが帰った来た。
「ちょっと、来て、車まで」

「なによ・・・・」と思いながら階段を降りた。

車の助手席のドアを開けると犬が座っていた。

大人しく座っている。
私を見上げる瞳。

「何~!!!なんで犬がいるのよ!」

「この子凄く良い子なんだよ、ずっとこうして大人しく座って帰った来たんだよ」

「何処から?」

「遠藤さんちから」

あの・・・遠藤さんちって裾野でしょ?
(御殿場の一つ手前の町です)

当時愛知県豊田市に住んでいたのであの細長い静岡県
殆ど横断した事になる。

インターで言えば御殿場の次は神奈川県の「大井松田」だし。
この犬を迎えにまる1日掛けて行って来たんだ。

そんな遠くから来てしまったもの仕方ない。
今更「返してきて」なんて言えないし。

犬は一人暮らしのおばあさんと一緒に住んでいた子。
きっと静かにゆっくりと1日を過ごし、
とても可愛がられて生活していたんだろうな。

うちは子供3人、小学生2人と訳のわからない2歳児がいる家庭。
賑やかだよ、きっと。

嫁入り道具もたくさん持って来た。

ケージ
おもちゃ
ブラシ
食器
ドックフード などなど・・・

それを見てきっと大事に大事に可愛がって貰っていたんだろうな。
おばあさんお別れ寂しかっただろうな、
これからどんな生活をするのか心配だろうな
犬自身もきっと不安だろうな・・・と思った。

でも、犬は全然怯える様子も無く、家の中をウロウロしている。

 

早速名前を考えたけれどいい名前が浮かばない。
今となったらその候補の名前にどんな名前が挙がったのか
覚えていないけれど
たくさん、たくさん候補に上がった。

 

その時の名前の付けた方は少し酷かったかなあ・・・。


ふと見ると子供のこぼしたお菓子を拾い食いしてるのが目に入った。

「はなこでいいよ」と私。
「何ではなこ?」
「中国では拾って物を食べる人のことをはなこって言うんだって」
(イヤ・・・本当かどうか知らないけれど私は何故かそう思っていた)

「酷いなあ・・・!」
「酷いよ・・・」

「いいの、はなこ」

酷い、酷い、かわいそうって言っていた割には
みんな「はなこ」といつの間にか呼んでいた。

 

こうして「じゅんちゃん」と呼ばれていた犬は2つ目の名前を貰い
「はなこ」とか「はなちゃん」「はーちゃん」と呼ばれるようになった。

私は好んで「はこ」とか「はこちゃん」と呼ぶこともあったな。

「はこ、行くよ~~」って。


うちに来たばかりの頃のはなこ。
顔が幼いね・・・可愛いなあ。
こうして見上げる時の瞳はこの頃も歳を老いてからも変わらない。

それにこの頃は「ワタシ写真キライ」なんて表情じゃないですね。

 

少し前にダンナとはなこを漢字で書いたらと言う話になって


私は漢字で書いたら「花子」だったけれど

ダンナはこう言った。
「はなこのの字は葉っぱの「葉」
菜の花の「菜」
子供の「子」で「葉菜子」って頭の中ではそう思っている」

「あっ・・・そうかあ」
葉菜子ね・・・。

黄色の小さな花を付ける菜の花の可愛らしさが大好きで
娘2人の名前に「菜」の字を入れた。

うちの娘になったはなこには「葉菜子」はぴったりかもしれない。

今は菜の花の季節じゃないので
菜の花は飾って上げられないけれど
あの日からはなこの写真の横にはいつも黄色と白の花が飾ってある。


はなこへ・・・  遅い時間に追記 [はなこ]

はなこへ、私へ本当に多くの方からメッセージを頂きありがとうございました。

 

はなこが居なくなって何日経ったでしょうか。
はなこがいつも居た場所だけぽっかりと広くなってしまいました。

 

寝る時、起きて来た時
姿の見えないはなこの鼻先をポンポンと叩きながら
「おはよう」「おやすみ」と言ってしまいます。

私が泣き寝入りした時刻であろうその時間に
ももさんがアップした記事。

その記事の中に
はなこが「悲しませてごめんね、寂しい思いさせてごめんね」と
言っていると思います・・・とありました。

私も反対の立場だったらそう思うかもしれないと思いました。
心配で心配で行くべき所にも行けないままかもしれません。

ももさんを通じてのはなこからのメッセージかな・・・と思いました。

 

そう思うかも・・・と思いながらも
それでも自分の軽はずみな行動が許せないままでもいます。

皆さんからの暖かいお言葉をありがたく頂きながらも
色々な思いが交差したままです。

 

今、私ができることは
同じ過ちを繰り返さない事。
はなこに誓って・・・・・。

以下は私からはなこへの手紙です。

 

続きを読む


ごめんね、ありがとう  (追記)10/14 最後の写真 [はなこ]

何回か書こうとログインをしてもどうしても書け無い事がありました。

 

 

それは突然の出来事でした。

10月7日午前7時48分。

 

 


 

ドスンと言う音
はなこの鳴き声・・・。
「きゃーーーっ!いやあーーーっ!!!」と言う長女の悲鳴。 

完全に私の不注意でした。

ノーリード。
はなこを残して私だけ道路を渡ってしまいました。

どんな言い訳もありません。

この2つが事実で
はなこの命を奪い、
ドライバーさんに嫌な思いをさせてしまっただけです。

 

食いしん坊で少しオマヌケで・・・
だけど最高に可愛い娘、はなこ。

 

病院に向う途中はなこ逝ってしまいました。
いえ・・・正確には多分即死でした。
でも、それは認める事が出来ませんでした。

もしかしたら・・・再びはなこが起き上がるのかもしれないと
思いながら病院へ向いました。

ここへ書くことは懺悔。
ノーリードにした自分を悔い改めなければなりません。

日頃から「動物を飼ったらその子の命を預かると同じ」と
言っていた自分が無責任な事をしました。

 

 

 

外傷も何もなく何処からも出血もなく
まるで眠っているようなはなこ。

 

「起きて・・・はなこ」
起きなさい、はなこ!」
「起きろ!はなこ!」

 

「お願いです・・・起きてください、はなこ・・・」

 

 

でも、はなこは2日経っても起きてくれませんでした。

 

日曜日・・・家族全員で天国に昇って行くはなこを見送ってきました。

 

さびしいよ・・・はなこ、ごめんね・・・はなこ。

 はなこと暮らした13年間は長いよ・・・長すぎる。
ありがとう・・・はなこ。


ごめんなさい、やっぱ今これだけ書くのが精一杯です。

お返事更に遅くなると思います。

 

 ・・・10/14 追記・・・

今日で一週間。
私の頭の中に7時48分と言う時間が刻まれています。
どうして48分なのかわかりません。

車の中で時計を見た時間なんでしょうか・・・。

今日で一週間。
黙祷するために
長女が病院に電話をした時間を確認したら7:40でした。

 

最後に撮った写真を昨晩見つけました。
10/6 23:01。
この後おやすみをしたと思います。


相変わらず「ワタシ、写真キライ」とカメラから目線が外れていました。

 

みなさまへ・・・

暖かいお言葉・お悔やみのお言葉どうもありがとうございます。
一緒に泣いてくれてありがとう・・・。
毎日、毎日プログを見に来ています。
ここで書いたはなこに会いに。
その度にみなさんからのコメントを読んで涙・・・涙。
でもどうしても自分の無責任な行動が
悔やんでも悔やみきれないままなのです。


コメントのお返事もう少し遅くなります・・・ごめんなさい。


獣医 その2 [はなこ]

先日の台風で折れた木。

カメラを持っていなかったので翌日写真を撮りに行くと
枝が全部切ってあった。

あのままだったら稲が痛んじゃうものね。


はなちゃんの皮膚病だけど
お医者さんを変えたらすっかり綺麗になって来た。

娘の働いている病院に週一回通院するようになって1ヶ月。
(朝、一緒に行って夜一緒に帰って来るから私も楽チン)

ヒステリーのようにカジカジカジカジカジカジカジ・・・・・・・
していたのにそれもすっかり無くなり
嵐のように抜けた毛も抜けなくなった。

毎日毎日半分泣きながら
毛取りをしていたベットにもコロコロとカーペットクリナーを
転がすだけでOKだし。

固くてガサガサしていた毛も柔らかくなって来て
丸はげのお尻の周りにも毛が生えて来た。

 

前の先生・・・決して悪い先生じゃない。
親身になってくれるし
こちらの話も良く聞いてくれるし
質問にも丁寧に答えてくれる。

動物達の顔を見るときもすっごく優しい目をしている。

でも・・・それだけじゃダメなんだ・・・、ってつくづく思った。

あともう少し経験が必要なのかもしれない。

 

そう言えば大分前に友人も言ってた。
同じ先生ではないけれどやっぱ若い先生に愛犬を診て貰っていたけれど
なかなか良くならない。

それで一大決心をして獣医を代えた。
「いい人・・・人柄だけじゃダメなんだよ」って言っていたっけ・・・。

いや・・・別に若い先生がダメだと思わないけれど
「経験」は必要だと思った。


周りがあまりにも散らかっているのでモザイク(笑)
おばさんのくせにおっさんみたい・・・。
変な座り方!


はなちゃんもおちていく [はなこ]

ももさんちカレンちゃんが「おちていく・・・」←ここどこだろ?
                                                

正しくは・・・「おちていく・・・」でした。(ゴメンナサイ。)

うちのはなちゃんもおちていく・・・

 

あたなたは・・・

 

だんだん・・・

 

ねむくな~る

 

 

どん君はおちてた・・・。
牙を出して怖い顔して寝てるよ・・・
寝顔が可愛い・・・って事ない事もあるんだねぇ。

 

 

 


 [はなこ]

 ←詳しくは左の仔猫ちゃんからももさんのプログへ。


はなちゃんの皮膚炎がここ2~3年酷いことになってる。

夏になると「ハゲおばちゃん」になる。
今年は病院替えたし、早めに病院へ行ったので
去年より全然状態が良いのでハゲおばちゃんじゃ無いけど
いつも「かい~の~」とカジカジ齧ってる。

それで今、体質改善の錠剤と粉薬を飲んでいる。


薬はさんちゃん以外の子達は素直に大人しく飲んでくれるけれど
粉薬は初めて。

最近は獣医へ行く時は娘も一緒に行くので
粉薬を渡された時に娘に「粉、飲ませられる?」と聞いた。

「うん、多分」
うへっ!頼もしい。
動物看護師さんだもんな・・・、(一応)

(粉薬は歯とほっぺの間に入れてほっぺを外から
グリグリ撫でてあげると溶けるそうです)

でもさ、こんな頼もしい人でもはなちゃんには必要無いのよ。

 

6/30分の粉薬。
さて・・・どうやって飲むかと言うと・・・ 

粉薬と錠剤。

錠剤は噛んでしまうので後から。
「よし!」の合図と同時に・・・

「ペロペロ・・・」

はい、終了。


メンテナンスが終了しましたが
管理ページのコメント欄が消えてます(泣く

so-netプログユーザーの方以外のコメントは残っていますが。

ページのコメントは消えてなくって良かった~。
せっかく頂いたコメントなくなるなんて悲しすぎます。

 

まじっ~~?

女王猫さんのコメント読んだら・・・
コメント書けなくなっちゃった。

せっかくのコメント消えちゃうなんて悔しすぎる!
返してくれるの?コメントso-netさん!

明日から大阪入りするのでコメントは月曜日に・・・
それまで何とか消えないようにお願いします・・・so-netさん。

 


はなちゃん [はなこ]

長女がはなちゃんと出掛けるとナンパされる。


いや・・・長女じゃなくてはなちゃんが。

近くのセブン○レブンへ出掛けると
おにーちゃん達が入り口で座り込んでいる。

「うわ~かわいいなあ・・・」長女じゃなくてはなちゃんが・・・
「さわってもいいっすか?」長女じゃなくて・・・
「名前なんっすか・・・」
「はなこちゃ~ん、かわいいなあ」

と、かなりモテモテではなちゃんは大喜びで
短い尻尾をブンブン振る。

 

夕方小麦粉が切れていたのでセブン○レブンへはなちゃんと出掛けた。

裏道を通って行くとはなちゃんの散歩コースにも最適だが道が狭い。
歩いて行くとおにーちゃん達がバイクと一緒にたむろしてる。

中には寝転んでいる子もいて道を塞いでいる。

「はなちゃん・・・戻ろう」と言っても
はなちゃんは心なしかウキウキしておにーちゃん達の方へ進む。

「ごめんね~、通っていいかなあ」と言うと
「あっ・・・すいませ~ん」と道を開けてくれた。

はなちゃんはおにーちゃん達を気にする。
リードを引っ張ってその場から足早に去った。

セブン○レブンの前に立った私はうんち袋と携帯電話しか持っていなかった・・・。

小麦粉はあきらめた。

 

玄関に入るとどん君が「外行きたいよ~」と鳴くので
前の空き地に・・・。

携帯フラッシュ機能がついているので撮ってみた。


真っ暗闇に浮かぶ2つの目。

燃える女はなちゃん
巨人の星の星飛馬並みの燃える目だ。


メラメラ~


ねこの落し物 [はなこ]

ねこうんち君

ねこうんち姫

案外多いねこの落し物が大好きなわんちゃんたち
ねこうんち君やねこうんち姫の他にも
ねこうんち王子や
ねこうんちばあさんや
うんちなら何でもOKオバサンなどなどいっぱい(笑)

 

本当はねこのうんち好きだなんて~と心配していましたが
こんなにお仲間がいたなんて。

他にもいそうですよね、ねこうんちファンのわんちゃん。

 

 

 

 

 

 

鼻先だけのご出演は
上からジョっちゃん・ちさとちゃん・カレンちゃん・うーちん・はなこ

 


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。